縮毛矯正について

 

 

縮毛矯正とストレートパーマの違い

 

 

縮毛矯正とは、

 

簡単に言えば、

 

「くせ毛を真っ直ぐにすることができるストレートパーマ」。

 

 

 

普通のストレートパーマでは、

 

くせ毛を真っ直ぐにすることはできません。

 

 

 

くせ毛の方が普通のストレートパーマをかけても、

 

ほとんど変化は無いでしょう。

 

 

逆にパサパサになって、

 

余計にボワーッとなってしまうでしょう。

 

普通のストレートパーマは、

 

くるくるパーマを落とすものだと考えてもらえればいいんじゃないかな〜と思っています。

 

 

 

 

くせ毛を真っ直ぐにしたければ縮毛矯正

 

もし、

 

くせ毛を真っ直ぐにしたければストレートパーマじゃなくて、

 

縮毛矯正をかけましょう。

 

 

 

ちなみに、

 

1度、縮毛矯正をかけた髪の毛はずっと真っ直ぐのままですよ。

 

でも〜、

 

新しく生えてくる髪の毛は、

 

くせ毛ですけどね。

 

 

 

まあ、当たり前ですけどね。

 

 

 

そして、注意してもらいたいことなのですが、

 

縮毛矯正をかけた髪の毛は、

 

実は・・・、

 

すご〜くダメージを受けている状態なんです。

 

 

 

真っ直ぐで綺麗な見た目なので、

 

わかりづらいとおもうのですけどね。

 

 

そのすご〜くダメージを受けている状態の髪の毛に、

 

パーマやカラーリングをしても、

 

綺麗に仕上がらないことだけは理解しておいて下さい。

 

 

デジタルパーマ(ホット系パーマ)はちょっと・・・

 

デジタルパーマ(ホット系パーマ)も、

 

私はあまりおすすめできません。

 

 

美容師によっては、

 

「デジタルパーマ(ホット系パーマ)をかければ、

 

髪の毛が綺麗になりますよー。」

 

とか言う方もいらっしゃるようですが、

 

そんなことは絶対にありえないので信じてはダメですよ〜。

 

 

 

 

そんなこともあり、

 

tricoでは、

 

パーマメニューはやっていないんです。

 

 

 

「でも〜、トリートメントをしながらやれば大丈夫じゃないんですか?」

 

っておっしゃる方もいますが・・・。

 

 

 

う〜ん。

 

 

私は普通に断りますね。

 

 

完璧にできないことはやりたくないので。

 

 

 

ちなみに、

 

トリートメントをしたからと言って、

 

傷んだ髪の毛が元の健康な状態に戻ることは、

 

100%ありえません。

 

 

トリートメントは、

 

あくまでも一定期間、

 

髪の毛を良い感じに保ってくれるだけのものです。

 

 

 

髪の毛を修復することはできません。

 

 

 

もし修復することができれば、

 

世の中に髪の毛が傷んでいる人なんていなくなっちゃいますからねー。

 

 

 

それに、

 

毎日頭をシャンプー剤を付けて洗いますよね?

 

 

トリートメント成分なんて、

 

シャンプー剤で簡単に除去されちゃいますからね。

 

 

トリートメントが1ヶ月をもつなんてありえませんからね。

 

 

 

子供専用の椅子あります。

 

 

小さなお子さんでも、

 

楽しくヘアカットができるように、

 

車型のカットチェアーを用意しました。

 

 

 

この椅子に座れば、

 

ヘアカットが苦手な子供でも、

 

快く髪の毛を切らせてくれるかも?

 

 

 

 

営業時間

 

 

tricoは、予約が入った時だけ営業しています。