ブリーチ オン カラー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

脱色して色をのせる

 

こんな感じの色にしたい場合、ブリーチを2回〜3回行って髪の毛を脱色します。

 

ブリーチの回数は、髪の毛の状態によって変わりますね〜。

 

ちなみに髪の毛が長いほうが手間と時間が掛かります。

 

 

そして〜、

 

ブリーチした髪の毛にベージュ系の色(アルカリカラー剤)をのせます。

 

専門的に言うと、14レベルのベージュ。

 

オキシ濃度は3%を使います。

 

髪の毛の状態によっては、根元と毛先の薬剤を変える必要もあります。

 

イメージとしては、赤味の無い 状態の色ですね〜。

 

 

 

 

ダメージヘアになります。

 

ちなみに、髪の毛はちゃんと傷みます。

 

傷まないブリーチ オン カラーはありませんので。

 

 

ですので、毎日のヘアケアは大切です。

 

ヘアケアと言っても高額なシャンプー&トリートメントを使う必要はありません。

 

 

お風呂で、

 

一般的なシャンプーを使って頭皮を洗って、

 

髪の毛にトリートメントを付けて、

 

お風呂上がりに、

 

洗い流さないトリートメントを適当に付けておくだけで良いんですけどね。

 

 

大切な事は、肌と一緒で乾燥させない事です。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。