髪の毛を白くする方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加




 

 

若い時って、1度は憧れるんですよね。

 

white hair って。

 

でも、あれってすご〜く大変なんです。

 

 

まず、パウダーブリーチを使って髪の毛の色素を限界まで脱色する必要があるんです。

 

 

で、この脱色なんですけど1回のブリーチでは不可能。

 

 

ほとんどの場合、3回はパウダーブリーチを使って脱色しなきゃいけないんですねー。

 

 

あー、考えただけで頭皮が痛くなる。

 

 

 

それに、短髪ならいいのですが、

 

ロングヘアになると物凄く時間がかかるんです。

 

 

3回のブリーチをするだけで、

 

3時間ぐらい掛かっちゃいますからね。

 

 

本当に疲れるんです・・・。

 

 

 

 

そして〜、

 

3回ブリーチして、

 

髪の毛の色素を限界まで抜いたら、

 

次はカラーリングになります。

 

 

 

3回ブリーチしても、

 

髪の毛は真っ白にはなりませんからね。

 

 

ブリーチしただけで、

 

髪の毛が白くなると思っている方もいるようですが、

 

それは不可能ですからね。

 

 

絶対に黄色味(金髪)が残っちゃいます。

 

※アジア人の髪の毛の特徴です。




で〜、

 

この黄色味を消すために補色関係にある紫を3回脱色した髪の毛にのせるんです。

 

 

 

この紫は、

 

すごーく色素の薄いものじゃなきゃダメです。

 

 

 

じゃなきゃ、色が暗くなっちゃいますからね。

 

 

うすーい紫ですよ。

 

 

今流行りのムラシャンあたりが丁度いいのかな?

 

 

でも、ムラシャンだとすぐに紫の色素が落ちちゃうんですよねー。

 

 

持ちが悪いと言うことです。

 

1週間ぐらいで、髪の毛が黄色っぽくなっちゃいます。

 

 

なので、アルカリカラー剤(一般的なヘアカラー剤)を使ってしっかりと黄色味を消してあげるんです。

 

 

そうすれば白っぽい色になります。

 

あくまでも白っぽい色です。

 

 

真っ白ではありません。

 

 

 

日本人の髪の毛で、

 

完全な、

 

white hair って実は不可能なんです。

 

 

 

あ!

 

ペンキようなモノを髪の毛につければ真っ白にすることはできます。

 

 

でも、それはもう髪の毛じゃなくなっちゃいますけどね。

 




 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。