手根管症候群の手術を両手同時に受けました。

手根管症候群を舐めていました・・・

 

2019年の2月頃から手の痺れ、痛みに悩まされていました。

 

近くの整形外科に行って診察して貰ったら、「手根管症候群」だと診断され薬を処方されました。

 

薬を毎日飲み続けたのですが、一向に良くならず、今度は注射を打って貰うことにしました。

 

まあ、注射の意味は良く分からなかったのですが大して変化無し。

 

 

多少の痛み止め程度だったのかな〜って感じです。

 

 

それから全く良くならなかったので、諦めてそのままにしていました。

 

するとどんどん手の痛み、痺れが増していき最悪な状況に・・・。

 

 

ずっと痺れていて、グーも出来ない状態に。

 

それも両手とも・・・。

 

 

仕事上、手を使うので本当に最悪な状態になりました。

 

 

そして、2019年の年末。

 

 

精密検査を受ける為に、南九州病院へ。

 

 

そこで筋電図検査、血液検査、MRI検査を受けました。

 

 

結果。

 

最高レベルの手根管症候群と断定され、「手術が必要」と診断されました。

 

 

南九州病院には整形外科が無いので、他の整形外科への紹介状を書いてもらいそこの病院に行くことになりました。

 

 

 

 

鹿児島市内にある中山(ちゅうざん)整形外科へ

 

姶良市からは少し遠いのですが、鹿児島市内にある「中山(ちゅうざん)整形外科」へ。

 

高速道路にのり、中山インターチェンジを降りて10分位走り、細い道沿いにありました。

 

 

朝、8時なのに車がいっぱいとまっています。

 

流石に人気の病院です。

 

中に入ってみても多くの人が待っていました。

 

椅子が足りないくらい・・・。

 

 

凄いです。

 

 

とりあえず受付を済ませ、しばらく待っていると診察室に呼ばれました。

 

 

先生が色々と話を聞いて下さり、手術日と入院が決定。

 

 

ちなみに先生曰く、「相当悪い」状態になっていた様です・・・。

 

 

その日は診察後、家に帰り、後日血液検査の為に再び病院へ。

 

 

血液を取って、その日は帰宅。

 

 

そして入院の日。

 

>>続きを読む