「1000円カットについてどう思いますか?」って聞かれました。

 

 

お客さんから、

 

「1000円カットってどうなんですかね〜?」

 

って聞かれました。

 

なので1000円カットについて書いていきます。

 

 

1000円カットと美容室の違い

 

1000円カットの美容室は良いですよ〜。

 

安くて、早いので。

 

しかし、自分の気に入るスタイルになるか?と聞かれれば微妙な部分がありますけどね。

 

 

理由は、美容師の技術力もありますが、

 

1000円カットのお店は、

 

そもそもカウンセリングに掛ける事ができる時間とカット時間が圧倒的に少ないので、

 

お客さんの要望を全て聞き入れる事が出来ません。

 

 

 

カット時間は10分程度

 

カット時間が10分程度では、細かい作業が出来ない場合があります。

 

ヘアスタイルって細かい作業をやらないと似合わなかったりするんです。

 

 

例えば前髪

 

ヘアスタイルで前髪って1番大切な部分です。

 

前髪だけでヘアスタイルの印象が大きく変わりますからね。

 

その前髪をパッツンにするか、

 

梳いて軽くするか、

 

薄めの前髪にするか、

 

斜めにするか、

 

などなど色々なやり方があります。

 

 

これらのことを短時間でカウンセリングして、

 

10分のカット時間内で終わらせるのはなかなか難しいわけです。

 

 

もちろん1000円カットで働いている美容師さんでも、優秀な方はいるのでできる人もいます。

 

が、そんな方は稀です。

 

 

 

 

シャンプーはありません

 

1000円カットにはシャンプーやマッサージはありません。

 

本当にヘアカットだけです。

 

 

切り終わってから、

 

髪の毛をお湯で流す事もありません。

 

カットが終了すると、

 

ドライヤーで髪の毛を吹き飛ばして、

 

先にブラシが付いた掃除機で細かい髪の毛を吸い取ります。

 

なので完全に髪の毛が取れません。

 

ヘアカット後は早めに家に帰って頭を洗う事をおすすめします。

 

細かい髪の毛が家の中に落ちてしまいますので。

 

 

 

ヘアスタイルにこだわりがなければ1000円カットで十分

 

特に髪型にこだわりもなく、

 

どうでも良い〜って方も少なく無いと思います。

 

そう言う方は1000円カットで十分だと思います。

 

 

そもそもヘアスタイルにこだわりがないのに、

 

カット料金4000円も支払うなんて考えられませんもんね。

 

 

 

1000円カット、美容室、どっちがおすすめ?

 

これは完全に好みですね。

 

上にも書きましたが、

 

髪型にこだわりがなければ1000円カットで十分。

 

 

あまり雑にされたくなければ美容室。

 

まあ、美容室は美容室で面倒臭い事もありますけどね。

 

 

例えば、

 

美容師との会話、

 

事前予約、

 

時間が掛かる、

 

などなど・・・。

 

 

結論ですが、やはり好みだと思います。

 

 

頭皮にベチャベチャ白髪染めを塗るやり方に反対します

 

白髪=「白髪染め」と考えなくても良いと思います。

 

「白髪が出て来たから、白髪染めしなきゃ〜。」

 

って思う方もますよね。

 

 

白髪染めって「真っ黒」ってイメージを持っている方が多いようでして・・・。

 

本当は違うんです。

 

 

まあ〜、これは美容師によって考え方が違うのですが、

 

私の考える白髪染めとは、

 

黒髪と白髪が混ざって老けた印象になる事を防ぐヘアカラーです。

 

 

要は、白髪が目立って老けた印象にならなければ良いんです。

 

 

 

明るい白髪染め

 

全体の髪の毛を明るく染めて、白髪が目立たなくなり若々しく見えればOKだと思うんです。

 

そもそも「白髪染め」って言葉も好きではないのですがね。

 

まあ、お客さんにしてみれば分かりやすいのかもしれませんが。

 

髪の毛全体を染めれば新しく白髪が伸びて来ても、それほど目立ちませんしね〜。

 

ほら〜、

 

真っ黒に染めてしまうと白髪が伸びて来たときに凄く目立ってしまうじゃないですか。

 

 

 

 

根元にべちゃべちゃ塗るやり方が苦手

 

地肌にヘアカラー剤をベチャベチャたっぷりと塗りたくるのが嫌いです。

 

わざわざ地肌にヘアカラー剤を塗る必要性は全く無いのに、

 

ベチャベチャと塗りたくる美容師さんっているんですよね〜。

 

 

そりゃ〜、頭皮がしみますよー!って思うわけです。

 

地肌に薬剤を塗っても、無意味ですからね。

 

 

それで、薬剤を塗り終わってから「しみてませんか〜?」って聞いてくるんです。

 

 

お客さんとしては、

 

「大丈夫です」

 

としか言いようが無いわけで・・・。

 

 

 

どうすれば頭皮がしみないのか?

 

頭皮がしみるから、ヘアカラーが出来ないって方へ。

 

頭皮がしみるなら、頭皮にヘアカラー剤を付けなければ良いだけです。

 

簡単です。

 

 

ブリーチ オン カラー

 

脱色して色をのせる

 

こんな感じの色にしたい場合、ブリーチを2回〜3回行って髪の毛を脱色します。

 

ブリーチの回数は、髪の毛の状態によって変わりますね〜。

 

ちなみに髪の毛が長いほうが手間と時間が掛かります。

 

 

そして〜、

 

ブリーチした髪の毛にベージュ系の色(アルカリカラー剤)をのせます。

 

専門的に言うと、14レベルのベージュ。

 

オキシ濃度は3%を使います。

 

髪の毛の状態によっては、根元と毛先の薬剤を変える必要もあります。

 

イメージとしては、赤味の無い 状態の色ですね〜。

 

 

 

 

ダメージヘアになります。

 

ちなみに、髪の毛はちゃんと傷みます。

 

傷まないブリーチ オン カラーはありませんので。

 

 

ですので、毎日のヘアケアは大切です。

 

ヘアケアと言っても高額なシャンプー&トリートメントを使う必要はありません。

 

 

お風呂で、

 

一般的なシャンプーを使って頭皮を洗って、

 

髪の毛にトリートメントを付けて、

 

お風呂上がりに、

 

洗い流さないトリートメントを適当に付けておくだけで良いんですけどね。

 

 

大切な事は、肌と一緒で乾燥させない事です。

 

飛行機

 

飛行機に乗るとウキウキします。

 

 

富士山の頭が見えています。

 

 

お掃除ロボット

 

美容室って細かい髪の毛が床中に散らばっています。

 

いくらホウキで掃いても取りきれません。

 

 

そこで、活躍するのがお掃除ロボットです。


本当に役に立つロボット掃除機です。

 

このロボット掃除機を買ってから、掃除時間を短縮する事ができました。

 

 

メンテナンスは必須ですが、ありがたい存在です。

 

 

再開

 

一応、2019年11月2日からお店は開ける予定です。

 

ここ3ヶ月間は色々あって、東北へ行ったり来たりしておりましたので。

 

 

では。

髪の毛をシルバーにするには、時間とお金が掛かります・・・。

 

【シルバーヘアの作り方】

 

髪の毛をシルバー(銀髪)にする場合、

パウダーブリーチ剤を使って脱色します。

 

基本的にブリーチは2回~3回行います。

 

 

ブリーチしてこれぐらい↑の明るさになったら、

シルバーの色を入れていきます。

 

 

仕上がりは、こんな感じになります。

 

↓↓↓

 

 

 

【施術時間】

 

施術時間は、髪の毛の長さによって全く違ってきます。

 

ショートヘアの場合ですと4時間ぐらい。

 

ロングヘアだと5時間~6時間ぐらい。

 

 

とにかく時間は掛かります。

 

お客さんはずっと座っているので疲れるだろうな~といつも思いながらやっています。

 

 

【髪の毛の傷み】

 

ブリーチしたら髪の毛は傷みます。

 

絶対に傷みます。

 

ある程度の覚悟は必要です。

 

「うちは傷まないブリーチ剤を使っています。」

 

「トリートメントしながら施術すれば髪の毛が傷みませんよ~。」

 

なんて事は絶対に言いません。

 

ブリーチすると髪の毛は傷みます。

 

 

 

【色もち】

 

シルバー系のカラーは色もちが悪いです。

1週間ほどで黄色っぽくなってきます。

 

色もちを良くしたければ、紫シャンプーを使うと良いでしょう。

 

エンシェールズ カラーシャンプー ムラシャン 200ml

黄色味を抑えてくれます。

 

 

 

【料金】

シルバーにする場合、ショートでもロングでも2万円(税込)になります。

※カットをする場合は、カット料金4000円がプラスされます。